クッキーづくり

副業だって練習が必要(コミュニティカフェとは何か:その9)

英国では、リタイアした後も現金収入を得るために、高齢者が自分の趣味の手作り品、ジャムなどをマーケットで販売していると聞きます。

彼らは若いうちから真剣に「副業」に取り組んでいるから、マーケットで一般の商品と同レベルのものを売る事ができるのです。

日本のように「退職したら、●●を勉強して資格を取って…」などとのんびり言っている人たちとは大違いです。日本も英国と同じように、若いうちから「副業」に励むべき時代が来たように思います。

「副業」と検索すると、たくさんの紹介サイトが引っ掛かります。高額な副業で「大丈夫か…」と不安になる副業も紹介されていますが…(おそらく大丈夫ではありません)

生涯にわたって安定的に続けられる「副業」とくれば、得意分野は何か、人に教えられるものは何か、などと「いったい自分には何ができるのか?」と考える必要があります。

当然、すぐにできるわけはありませんので、実現するための「練習」も必要で、時間もかかります。

ちょっと遠回りになりましたが、私が「じぶんの学校」と命名した理由もここにあります。

つまり、「じぶんを育てる機会」を持つことが大変重要な時代に突入した、ということです。

コミュニティカフェを始めとして、地域の人たちを対象に自分の得意分野を広めていくこと。その練習を始めることこそが、「老後が不安」と多くの人たちが思う時代を生きていく上での一つの策になるのではないでしょうか。

自分で事業を始めることは、将来にわたって現金収入を得ることができる貴重な場になります。コミュニティカフェは女性や仕事をリタイヤした人に向いている事業だと思います。

特に女性は家事や出産・育児などで、一旦は仕事を辞めざるを得なかったり、働く時間を制限せざるを得ない事が多くあります。

ただ、退職したから、子供に手が離れたからといって、いきなり始めるよりも、早い段階からこつこつと自分の力を試して試行錯誤してほしいと思います。

驚くことに、カフェって何の経験もない人が突然始めるパターンってけっこう多いのですよ!(私の知り合いのカフェオーナーにもいます)

オープンしてから「しまった、アルバイトでもしとくべきだった!」と後悔しても、その時はもう前に進むしかないのですよ!

そうならないためにも、ぜひ早い段階から準備しておきたいものです。