参考図書タイトル

参考図書3<「EAT&RUN 100マイルを走る僕の旅 」>

EAT&RUN100マイルを走る僕の旅

「ここはランニングのサイトなの?」と言われてしまうような書籍ですね。

もちろん、自分の趣味が多分にあるのは百も承知なのですが、この本で参考にしてほしいところは、紹介されているレシピ。著者のスコット・ジュレクは「完全菜食主義者にしてウルトラランナーの生ける伝説」と言われているスゴイ人なのですが、彼が普段から食べているメニューのレシピがこの本には紹介されています。

「完全菜食主義者」は「ビーガン」と呼ばれて、肉や魚・牛乳・乳製品などを一切食べません。じゃあ、どうやって栄養を取るのさ!と当然疑問を持つわけですが、彼が独自に開発したレシピが彼の功績をバックアップしているらしいところを見ると、これは聞き捨てならない、と思いませんか?

紹介されているレシピは、普段あまり聞きなれない食材がたくさん使われています。

「ライスミルク」「ヘンプシード」「ニュートリショナルイースト」「スピルリナ」「ウドズオイル」「タヒニ」「フラックスシード」「バニラエクストラクト」…

こういう新しい食材は、健康食材として、カフェメニューとしても大いに活躍する可能性があります。

カフェに興味ある人なら、新しい食材にも常にアンテナを向けたいものですね!

もちろん、他の(著作の大部分を占める)ウルトラランナーとしての彼の体験・考えももちろん参考になりますよ!(ちょっと強引か…)