月別アーカイブ: 2015年11月

カフェ創業に興味ない人でも楽しい!-かっぱ橋で行くべきお店(その2)

さて、田原町駅から近いエリアをその1でご紹介しましたが、今度は浅草に近いエリアで行くべきところを紹介します!

道具街の中央付近に「合羽橋交差点」があり、そこにかっぱ橋道具街を象徴する「かっぱ河太郎像」があります(タイトル画像)。

なぜかキンキラキン!!

 

で、そのかっぱ像がある向かい側になりますが、白い食器で有名なお店があります。

DSC_0474 食器のキャニオン 東京都台東区西浅草 2-21-5 03-3845-0450

ここは、店頭にもずらーっと食器が並んでいますが、特に多いのは白い食器。

そうなんです!今でこそ白い食器はあちこちのカフェで使われていますが、もともとそういうブームが来る、ということを見越してこちらのお店では早くから白い食器をたくさん取り揃えたのですね。

もちろん白い食器なら普段使いにも十分使えますし、300~700円くらいの価格帯の皿がたくさん売っています。

こちらのお店でまとめてどーんと買う人も多いのは分かります。

店内では、イッタラやウェッジウッドなどのブランド洋食器もお安くなっています。私もかっぱ橋に来たら、必ずチェックするお店です。

さて、キャニオンの先を少し行った合羽橋交差点の角に「喫茶器具のユニオン」があります(すみません、写真撮り忘れましたが、行けばすぐにわかります)。

こちらは、珈琲器具類が大変充実。コーヒーサーバーやポットもいろんな種類があり、迷ってしまうほどです。こちらも一見の価値があります。道路を渡ったところに「世界の珈琲ユニオン」もあり、こちらは焙煎したコーヒー豆が売っており、けっこうめずらしいものもあります。

DSC_0476  世界の珈琲ユニオン 東京都東京都台東区西浅草 3-7-3 03-5826-5922

 

ユニオンの角を右に曲がると、すぐに同じ系列で「刃物専門店ユニオンコマース」があります。その向かいには「包丁のつば屋」があります。ここは2件刃物店がありますから、見比べる人も多いようですね。

DSC_0477 刃物専門店ユニオンコマース 東京都台東区西浅草 2-22-6 03-3845-4040

DSC_0478 包丁のつば屋 東京都台東区西浅草 3-7-2 03-3845-2005

どちらも店内にずらーっと包丁が並んでいますから、圧巻です!こちらも外国人観光客が熱心に選んでいました。お店の人も親切にいろいろとアドバイスをしていましたよ。

 

ということで、かっぱ橋道具街、いかがでしょうか? 特に食に興味がある人なら楽しめます。

そうそう、1つ注意点がありました!

もともとこの道具街は、業者向けということで、日曜日が定休日というお店が多いです。

無休というお店も増えてきているようですが、お目当てのお店が行ったらお休みということがないように、事前にチェックしてみてくださいね。

でもって、道具街の地図がありますので、行く前に印刷しておくと便利です。ぜひ行ってみてくださいね!

 

かっぱ橋道具街地図(PDFが開きます)

http://www.kappabashi.or.jp/home/kappabashimap.pdf

 

 

 

 

 

カフェ創業に興味ない人でも楽しい!-かっぱ橋で行くべきお店(その1)

飲食業に興味がある人なら、一度は耳にしたことがある「かっぱ橋道具街」。

ここは、飲食店に必要なありとあらゆるものが揃っています!

一度行くと楽しくて、余計なものまで買ってしまうという大変危険?な商店街でもあります。

今回、用事があって行ったので、ついでにレポートしまっす。

さて、まず場所ですが、、、

東京メトロ銀座線「田原町」駅下車 徒歩5分
東京メトロ日比谷線「入谷」駅下車 徒歩6分

が一番近い駅ですかね。

いつも田原町から行きますが、まず目につくのがこちら。まるで門番のように「俺だ!」という感じでどどーんとあります。

DSC_0466 ニイミ洋食器店 東京都台東区松が谷 1-1-1 03-3842-0213

こちらは「和・洋・中各種テーブルウエア、グラスウエア、カトラリーウエア、卓上小物、漆器・木製品、メラミン食器、お子様ランチ皿、バンケットウエア、料理道具、調理機械、喫茶・バー用品、消耗品各種、清掃用品、ホテルグッズ、ケータリング用品」と、なーんでも揃ってしまう、総合店舗です。迷った時には、ここに行け、という感じの品ぞろえですね。

店頭にもいろんな食器が安く売っていました!

DSC_0467

このニイミ洋食器店を過ぎて浅草方向に向かって歩いていくと、

DSC_0468DSC_0469

キッチンワールドTDIナイフショップと本店(お隣同士です)台東区松が谷1丁目9-12 03-5827-3355

ここのナイフショップはけっこう安く売っています。行った時も、店頭でアウトレット?みたいな包丁がワゴンセールしていましたので思わず買っちゃいましたよ。(ま、今回はこれが目的だったのですがね)

クッキーの型が店頭にたくさんぶらさがっています。(女子高生が「かわいい!!」って叫んでました)

本店の方は、幅広く食器やら雑貨やら売っています。この二つのお店は幅広い層に人気があります。

 

さらに、横断歩道を渡って「合羽橋南」交差点を過ぎたあたりに

DSC_0470

本間商店(包装店) 東京都台東区西浅草2丁目6−5 03-3844-5121
 

があります。こちらは、包装の総合店といったところでしょうか。なんでもあります!

私はいつも作ったケーキ類を入れる箱をこちらで買っています。大きさもいろいろとありますよ。ただし、100個単位など、まとまった数で売っていますから、それなりに使うものをまとめて購入する、という感じですのでご注意!

 

さらに、本間商店のすぐ先に、比較的最近できた(改装した?詳細が不明)こちらのお店

DSC_0471

風和里(ふわり) 東京都台東区西浅草2-6-6  03-5806-8588

主に食器類を販売していますが、プロバンス風の洋食器がけっこう目立つところにあって、好きな人は必見かも。

店頭にカラフルな洋食器がありました。

DSC_0472

見たら、日本製なんですよ。いい感じのデザインですね。値段も、500円くらいでお手頃。店内にも地下にたくさんカラフルな食器が置いてありました。けっこうリーズナブルなので、洋食器好きな人はおすすめです。

※後で調べたら、キッチンワールドTDIと同じ系列のお店みたいです。うーん、キッチンワールドあなどれない、、。

 

天気の良い日は、スカイツリーもばっちり見えますよ!

DSC_0473

外国人観光客もたくさん訪れる「かっぱ橋道具街」。

さらに、浅草方面に進んだところの人気のあるお店をご紹介します。

 

※地図は「その2」にありますので、そちらからダウンロードしてください。

 

参考図書10<1食100円「病気にならない」食事>

1食100円「病気にならない」食事実践レシピ (講談社のお料理BOOK)

 

「医者の不養生」

ということわざがありますよ。

「医者は養生の大切さを説くけど、自分はそうでない」という事のたとえです。

これは、飲食業を営む人でけっこう当てはまる人がいます。

お客さんには健康志向で一生懸命「身体に良いメニュー」を作って提供するけど、自分は空いた時間にカップラーメンをかけこんでいる、なんていう人は実は多いんですよ。

もちろん、普通の人が食べる時間には、ランチやらディナーやらでお店の人は食べられないわけで、そうなってくると時間もずれてしまい、忙しいと食べる時間すらない、、、

日常的にこんな生活が続くと、誰でも具合が悪くなってしまいます。

現に、お店を辞めた人の理由で「疲れたから」「具合が悪くなった」というのはかなり多い。

その背景には、実は普段の食生活が原因という人は多い。

時間が無く、しかも不規則ならなおさら自分の食べるものには気を付けないといけないです!

これを読んでくれている皆さんも、お店で働いているわけではないかもしれませんが、いきいきと働き続けるためにも、普段の食事は気を付けてほしいものです。

とはいうものの、そんなにお金もかけられないし、時間もないし、第一作るのが面倒くさい(これは、飲食業の人からよく聞く)という人におすすめの本がこれ。

筆者の幕内秀夫先生は、管理栄養士ですが、この本で和食を提唱しています。

でも手の込んだものを作るのではなく、「市販の缶詰や常備食を使ったっていい!まずは安くて簡単に「体にいい食事」を取り入れよう!」ということで、なんと1食100円以内で食べることができるメニューを紹介しています。

ちなみに、この本で提唱している食事の例としては、

ごはん

味噌汁(にら)

さばの水煮(缶詰)

なめたけおろし(ビン詰なめたけ+大根おろし)

ぬか漬け

ほうじ茶

という極めてシンプル!

さばの水煮となめたけ・ぬか漬けは市販のものでオッケーだから、ごはんと味噌汁つくって大根おろしするだけというものです。もちろんお弁当にしてもオッケー!

幕内先生によると、洋食よりもこういった和食の方が「体に必要な食事」になるそうです。

たしかに昔の人はこんな食事だったし、今は外食も多い時代ですから、普段はこんな食事で十分な気もします。

よく「店のまかない食」を食べるということも聞きますが、外食は総じて塩分やカロリーが高いですから、毎日食べていたら太ったという声はよく聞きます。

安くて簡単に作る事ができるこの本をぜひ参考にして、「病気にならない」ようにしたいものですね。